5月6月 備忘録

 

火曜日にダイアン・バーチを。

彼女は見知らぬ同級生。

タイトルは「The end」という。

 

 

 

■6月 Ayabe家の珈琲豆

 

代官山 FACON

ホンジュラス:ラ・フォルトゥナ

ルワンダ:ニャミマラ

インドネシア:マンダリン

 

 

明け方、豆を挽いていると、

私の居場所が、まだ夢の中かと錯覚することがある。

それほど、芳しいという脈絡ではない。

珈琲が、身体の一部になる前と、後が、

時々入れ替わると言う話。

 

 

 

 

■梅雨の食事ごと

 

数年、千葉の野田に在った、

私たち夫婦の隠れ家が、

茂原へと移転した。

オーナーは妻の姿を見て、

遠い親戚のお嬢さんが突然来たとして迎えた。

 

 

-furacoco-

 

お昼のメニューはひとつしかなかった。

そう言うところが好きである。

「鰯のお膳しかないのだけど、大丈夫?」

 

と私たち以外の客にも、

そう奥さまは伝えていた。

 

周りには小川と、畑しかない場所で、

暮らしを楽しむ姿が美しかった。

 

-お昼のお膳-

furacoco

http://furacoco-nuu.com

 

 

 

 

■茂原でのつづき

 

店主にこの辺りの見所を聞くと、

レシートをちぎって、

なにやら、店名らしきものを沢山書き出してくれた。

 

『海コース』  『山コース』

 

私たちは『山コース』をドライブに選んだ。

そこで、生涯忘れない「アポロギア」と言う、

古道具店に出会う。

 

 

-アポロギア前にて-

 

店には看板も、入口らしき場所もない。

営業日は週に1日。土曜日だけ。

 

農協倉庫跡地を改装したと言う、

駐車場らしきただの地面に、

車を放置し、倉庫を一周したが、

やはり入口はなかった。

 

写真右手に映るガラス、

そのものが動いて店主が開いてくれた。

 

 

冷やっとした、アスファルトの空気に

独特の緊張感を感じながら入ると、

見事なギャラリーになっていて、

奥には見事にメンテナンスされた、

古き良き家具が『売約済』と紙が貼られた、

アンティークが所狭しと並べられていた。

 

店主の芯のある話越しに、

こちらの心が澄んでいくようだった。

一線を超えた人の魅力に、

魅了された1日だった。

 

アポロギア

http://www.apologia.jp/collection/

 

 

 

 

■ジェームスアンドチャーリー のツアー18′

 

さて、いよいよ始まる今年のtour。

素晴らしく内容のつまったCD作品も録音できた。

私の地元で、意味の詰まった映像も撮れた。

 

自分が音楽家である

身体の一部が何か言おうとしている。

旅に出るまでに、

耳をすませて、

身につけ、

表現できたらいいと思う。

 

Kenji Ayabe が存在する限り、

そこに新しい風が吹くことを。

 

Kenji Ayabe