4月 備忘録

 

冬がおえ

春がくる

 

U&DESIGN

 

2018年10月某日

彼らの意向を持って、U&DESIGNを散会することにした。

私は半年前には、今とはまるでちがう結末を用意していた。

 

昨年末、空々しい日々を送る中で、

私は来る日も、柄でもなくアルコールを摂取しながら、

この違和感のある顛末に溺れる様にして

胸苦しい思いに患っていた。

 

多くの関係者に解散を伝えてた後も、

体のいたる所に刺さった、影の深い棘に悩まされた。

 

そんな日々を送る中で、

大先輩のドラマー脇山広介さんと定期的に、

24時を超える様な時間を過ぎても、

スイーツと珈琲を口に頬張りながら、

胸の開いた穴に、冬の冷たい風が通り過ぎるのが、

心地よくなるまで来る日も語り尽くさせてもらった。

 

私は、一方通行に年を重ねて行く。

自然の営みの中で、

それに抗うことはやめようと思った。

 

解散を約束したまま、2019年が始まり、

私はこの違和感の結末よりも、

自然に身をまかせる方法を探した。

 

つまりは、冬の後に、春が来るように、

新しいU&DESIGNとしての新曲作りに挑戦しなければならなかった。

 

毎日、日が昇る前に起き、

珈琲を飲みながら、

未来に待つべき春の風を感じた。

 

一つのDEMO(春)がやってきて、

私はようやく決心することができた。

U&DESIGNを私が残すことにした。

 

どうぞ、これからも

素敵な日々を一緒に過ごせていけたら。

 

Kenji Ayabe