ジェーチャリが6周年を巡る旅。

 

7月22日

 

08:04

 

神戸・旧グッゲンハイム邸の公演日の朝、

ビジネスホテルのベッド。身体を起こすと、

誰かが打ったファールボールが、

間違って胃に入り込んでしまったような、

吐き気に私はおそわれた。

 

 

<写真=京丹後にて>

 

 

明石駅から邸に向かう蒸した車内、

外気温度計は40度をさす。

助手席に横たわる私は、

googleで「近くの病院」と話しかける。

 

応えた画面を震える視線で眺める。

 

身体にムチ打って、

搬入を終え私は野外駐車場に車を放った。

 

潮騒が聞こえてくる。

海と道と私を日差しは容赦なく、

ベージュのキャップと皮膚に突き刺さってくる。

 

私は、なんと、その日差しを浴びると、、

その道端で元気になったのだ。

なんて不思議な体験だったろう。

 

 

<写真=神戸 旧グッゲンハイム邸 搬出中の谷川くん>

 

 

大阪公演を終え帰京二日後、

予約していた健康診断におもむいた。

去年の受診より身長が2cmも低くなっていた。

やはり、早起きが定着し過ぎておじいちゃん化が進んだのだろうか。

 

嘘こけ!

 

 

 

<写真=旧グッゲンハイム邸>

 

 

後半、Tourにカメラを持っていくのを忘れてしまった。

幼少期から忘れ物が多い子供だった。

カバンの用意、ペンケースの準備、

勉強の予習、部活の復讐が嫌いなのだ。

 

『努力』嫌いそれこそが、

私が怠惰へと粘着させる。

私が私らしく生きてしまったから。

 

 

<写真=旧グッゲンハイム邸>

 

 

息子がこの1週間に40度近くの熱を、

行ったり来たりしていた。

 

私は毎日つきっきりで彼の、

汗で額につく髪を拭ったり、

病院の待合室で、

13番目の順番が来るのを

指折り数えていた。

 

 

ある日からの午後、

彼を抱きながらベッドに腰掛けているひと時、

「これが幸せでなかったら、

何が幸せだって言うんだ」

 

と口ずさむようなった。

 

こう言うメロディを生み出せたことが、

音楽家であったご褒美なのだろう。

 

さて、

またお会いすることができるのなら、

会いに来てよ。

 

旅のチケットは、

https://jamesandcharly.com

ポケットを叩くと手に入ります。

 

いい時代なんだね。

たぶん。

 

 

Kenji Ayabe