『平穏』 を翻訳する。

 

なだらかな丘を歩くこと。

 

 

 

 

7月14日

 

午前9:30

目黒通りを車で走らせながら、

35度を越える灼熱の都内の景色を見る。

 

ドリンクホルダーの水に水滴が映る。

数ヶ月ぶりのライブ演奏に、

鼓動が冷蔵庫のように少し唸っている。

 

『平穏』な日々の中で、

私が行う演奏というのは、

私にとって穏やかな日なのか。

否か。

 

去年、文筆家のように亡くなった祖母と、

4年前、動物から静物になった友人を、

いつもと同じに、山のよう眺めた。

 

灼けたハンドルに手を置いて、

バス停に並ぶ親子連れの前を通り過ぎ、

クリーニング業の運搬士がハッチを開けた。

 

夕飯の献立のように啓示的というか、

信頼を寄せる作家の次のページに書かれた様に、

『生こそ平穏』という文字が鳴った。

 

私の冷蔵庫はしばらく

物事を冷やすに申し分なく働きそうだった。

 

ー谷川くんとの日々ー

 

演奏は首尾よくいったはずだ。

J&Cの演奏時間は予定を大幅に超えていたのに、

僕らは全く気がつかなかった。

 

私は予てから言っている。

先にセットリストを公開するのはどうかと。

 

私が行く観劇はクラシックか、

能や狂言に行くが演目は決まっている。

予習して行く楽しみ方の方が、

個人的には好きだ。

 

招待して頂くLiveでは、

大抵入場時にセットリストを嫌が応にももらう訳だ。

曲順を先に知ることは何ということでもない。

 

だから、なかなか演奏が進まない頃合いを見て、

『おい、曲数減らすなよ!』

という声がけが必要だ。

いや、そんなことは必要ではない。

 

J&Cのとても愉快な演奏を終えてから、

夜は観劇にご招待していただいた。

押上駅で夕食難民になりながら、

私たちは夕餉をともにした。

 

さてTourが始まり。

平穏な日々の中で、

お会いしましょう。

 

Kenji Ayabe