1月 備忘録

 

秋に収穫を終えた畑の、

霜柱を踏むように、

空々しい年末があった。

 

新年のお雑煮と共に、

喉をぐいと言わせて、

呑み込んでしまったあとは、

 

朝日と暮がじつにテンポ良く、

晴天の客船に乗った

異国の碧味を感じている。

 

Kenji Ayabe

 

 

 

 

1月の豆

 

代官山 FACON

 

ミャンマ:シャン州ユアンガン

パプア・ニューギニア:ガウリケニー農園

エルサルバドル:シベリア農園

 

 

 

 

いつから珈琲を飲むようになったのだろう。

どこのレコーディングスタジオにある、

あの放置されて焦げ切った不味いやつを飲む事も

そんなに苦ではなかった。

 

 

 

 

ジェームスアンドチャーリーのTour

 

福岡・広島・岡山の公演があって、

僕の演奏時間など3日間合わせても1時間30分程度。

 

ピカソの描いた『玉乗り曲芸師』に

似た移動演奏家のような気分で、

旅情を嗜むことに忙しかった。

 

 

撮影地:岡山駅

 

 

美術館を訪れたり、

園芸地を歩いたり、

美味いを食べたり。

 

朝の散策を、今住んでる街でやるほど、

ここは観るものがない。

 

目をやる自然があるのがいい。

心奪われる景色が。

 

 

撮影地:不明(高速道路)

 

 

 

 

御徒町凧さんお朗読会

 

代々木八幡にて高橋久美子さんも出演する会に、

久美子さんにお引立て頂いて初の朗読。

 

久美子さんが御徒町さんに僕を紹介するとき、

「友達で詩人の綾部くんです」

と言った。

 

 

左から:高橋久美子さん 御徒町凧さん 筆者

 

 

いや、いやと、

すべてを言い訳(註釈)したいご紹介に預かり、

※実際にはほくそ笑んでいる

 

本番では3回も出番を頂いたりと、

(最後の回では演ってしまいましたが、、)

平成の自分史に残る1日を過ごした。

 

 

 

 

久美子さんと待合せの途中、

近くを散歩してると、

美味しそうなパン屋の看板。

あとで久美子さんに有名店と聞きました。

ここで、妻と息子にお土産を購入。

 

 

 

 

息子の2歳の誕生日に

 

毎年の1月に館山マラソンに出走する家族を

沿道で 応援するための旅行にかこつけて。

 

早朝、陽が昇る前に起きて、

ガラス張りの食堂で冬の

引き締まった光を眺めた。

 

寒さを感じる皮膚の、

若干の内面に

自分の影に隠れていた、

内省的な”強さ”が覆い張って行くのが分かった。

 

 

 

 

地球が”新しさ”の意味を、

書物のように教える。

 

 

 

 

新年に友人と

 

「今から会おうよ」

昔、言えていたセリフを、

友人が代わりに使ってくれる嬉しさ。

 

気兼ねなく言われると、

36歳になった今も、

孤独的な開放感に浸ることができて、

車の運転もいつぞやドライブに変わる。

 

 

粂絢哉

 

 

人はさみしい生き物だから、

お墓に入っても、

寄り添っている。

 

私はさみしい生き物だから、

本を読み、音楽に

耳と縁を傾けている。

 

Kenji Ayabe