早朝と令和

今朝6:00に目が覚め、

すでに登っている朝陽が、

出窓に差し込んでいるのを、

ベッドから眺めた。

 

令和という元号に、

友達の友達の、息子の名前のような

玄関を出て3駅先にある、

新しく建った商業施設のような距離感より、

目の前の、5月に咲く心地よい風に、

立派な原生の象徴を感じている。

 

「風はどこから生まれるのか?」

という大海原に船を出す問いに、

2歳の息子には早めに気付き、

真剣に航海してほしいと思いつつ、

また「電車とバスの博物館」に二人で足を運んでしまった。

が、2回目の来訪を彼もそれほど喜んでいなかった。

 

自分の未来を切り開くのに

もっとも重要なものは、

どんな「問い」を持つことか。

 

世界より広いのは、

人々の想像なのだから。

 

Kenji Ayabe