kenji ayabe

LETTER

Blouse

 

「Blouse (ブラウス)」

2分45秒 その曲は彼女にそう呼ばれた

 

風に揺られるコットンのメロディ

跳ねた純白ではなく

 

影よりも 薄く

息よりも 深い

漆黒のsilhouetteだろう

 

pianoが打たれる間

彼女は息を吐きつづける

 

(それで私は あなたが

生きているということが解る)

 

私の耳の奥で

山のように佇むあなたを

眺めている

 

 

Kenji Ayabe