kenji ayabe

LETTER

微睡み

 

暮石の影は 3年もの間で

延びたろうか

 

その背に聳える森に

そろそろ 届いたろうか

 

微睡みと 溶け合う

その先端でしか 私は目覚めていない

 

静寂の草原に抱かれて

微笑みの 昆虫の背に 陽を積む

 

Kenji Ayabe