kenji ayabe

LETTER

ロンパースと初夏

 

初夏

 

網を持った私から

魚が岩陰に隠れるように

2歳の息子は

ロンパースから逃れる

 

プチバトーの首回りが狭いようで

中野サンプラーザの大歓声のように

身体中からしぶきを上げたがって

彼はほとんどオペラ歌手

 

クリオネ クリオネ クリックリ

朝の体操の伴奏を

片手間に添えながら

早朝に淹れた珈琲カップには

近所さんにまだ下手ねと言われた

若いウグイスの鳴き声が吹き溜まる

 

右耳の裏のしこりを押しながら

パソコンの文字を刈り取り

養殖の鱒色に跳ね返った

川崎保全緑地の空に目を外らし

生産地と値札の付かない

今月の詩を収穫

 

「これが幸せでなかったら、

何が幸せだというんだ」

カート・ボネガットの叔父が言ったセリフを

私自身の保全緑地のついたてに

手書きであつらえた その隣には

日本年金機構から届いた

将来の年金額が電光掲示板で光っている

 

バナナをひとかじりした後で

皮のように張り付いてしまった制服に着替え

平時の運転を再開

各駅停車 次の停車駅は御徒町駅

 

Kenji Ayabe