kenji ayabe

LETTER

エッジーな物語

 

幾つのか物語は、

氷を砕くアイスピックのように、

鋭角に始まり、

朝顔が尻窄みするように、

鈍角に終わる。

 

三角形の内角が180°であるように、

Aが30°であれば、

Bは60°を担い、

Cは90°を請け合う。

 

それはつまり、誰かが足せば、

誰かは引かなければならない。

割り振りがあるということ。

 

人間関係にも、季節にも、

台風にも、地震にも、

音楽家にも、給食当番にも、

山手線にも、料理にも、

テレビ番組にも、手紙にも。

 

 

つまりは、

 

僕は、

あなたを理解する。

 

なぜなら、

 

あなたにとっての、

僕を理解しているから。

 

 

Kenji Ayabe