kenji ayabe

NOTE

5月 備忘録

 

5月というスープを飲むために、

大袈裟でなく、いつか私は

アメリカ鱒釣りのクロークの源流へと、

辿り着かなければならない。

 

 

5月19日:『わたしの生誕日に』

神奈川県にある、三浦半島西部に位置した葉山町へ車で向かう。

腰かけた椅子が、このくらい柔らかければいいなと

潮風はわたしにそう思わせた。

 

 

s_IMG_1497

撮影=粂絢哉

 

 

過去に、わたしの誕生を喜んでくれた人々をよそにして、

となりで粂くんが、世界でたったひとつだけ描かれた地図のような顔つきをすれば、

毎年同じようなよく晴れた祝祭日を過ごすことができる。

 

 

育った家族間にはたえず、砂浜の波打ち際に干上がったクラゲのような半透明な問題があった。

電話のコード線に溜まったほこりのような会話の沈黙とはちがう、

拭えない場所にときどき雨が降るのだった。

 

 

s_IMG_1491

撮影=粂絢哉

 

 

愛するには限界がある。

人間である以上、ルールを守らなければならない。

 

夢の中でさえ、

アーネスト・ヘミングウェイに会えないように。

 

 

6月29日:『6月の仕様書』

新代田FEVERにて、

U&DESIGNというバンドで演奏をします。

 

 

どんなバンドだとたずねられたら、

 

「幼少期に書いた遺言書」みたいに、

にわかに微笑みながら、でもちょっと美しいんだよ。

 

とでも、いっておこう。

 

 

 

s_IMG_1500

撮影=粂絢哉

 

 

Kenji Ayabe

4月後半 備忘録

 

台所にある 「若草の4月」という小瓶に入った

調味料が切れるようにして。

 

 

または、

テーブルにこぼれた「薄いねむりの4月」を

乾いた布巾で拭ききれば。

 

 

s_IMG_7954-2

 

 

某日の調理:『PHS』

自分のPHSが、行き先も告げづ私の前から去っていった。

まるで、30日しか存在できない4月のように。

 

 

4月21日:『赤レンガ倉庫』

初めて訪れる、横浜赤レンガ倉庫にて

谷川“銀玉”正憲が生演奏する舞台「まゆをひそめて、僕を笑って」を観劇。

馬車道を信号待ちをしていると、修学旅行高校生に

「赤レンガ倉庫はどちらでしょうか」と尋ねられるも、

「実は、僕も分からないで歩いているのですよ」と伝えると

いささか不審な顔で。

 

 

4月20日:『代官山と恵比寿』

新しいエスプレッソ店や服店を巡ったり。

眼鏡店Continureへ素敵な人に会いにいったり。

人に会っている時間て、

それだけで幸せ。

 

 

再び某日の調理:『訪宅』

友人が自宅を訪れてくれるとき、

私は、珈琲を挽き、淹れる。

そうやって、余白のできたわずかな距離と時間が

これからもっと愛おしくなってくるはず。

 

 

私の5月へ

ようこそ。

 

 

Kenji Ayabe

4月1日〜10日

4月 1日〜10日

 

私が瞳を閉じとき、

光は眠り、

闇もまた、屠られる。

 

 

■4日 U&DESIGNリハーサル

30分前に下北へ到着し、スタバへとcoffeeを買いに行く。

本日のHot「グアテマラ」と「エチオピア」と2種類。

その国のどこの地方ステーショんのやねん、とうそぶきながらも、店員さんていつも笑顔すてきね。

(だってお茶・お米買うのに、原産地「日本」て、ひろっ)

 

 

新バンマスのひろゆきの「賑やかし×」→「和やかし○」の切れ味も抜群で、最後の決めポーズまで締まってました。

 

fullsizeoutput_99

 

 

■7日

家族で鎌倉へ。

桜が満開のこの時期、ひっそりと佇む恒例の神社。

数本の桜が侘しげに咲いているが、

相変わらず、参拝者はだれ一人といない。

 

あまりにも密やかな家族のひと時。

移転したRomi-Unie Confitureへジャムを購入しに。

小町通りも賑やかで、これぞ観光地の鎌倉。

 

s_IMG_76412

桜ではなく、通りすがりのミモザの木に立ち止まるAyabe Family.

 

 

■8日 U&DESIGN Live in 六本木 Varit

リハーサルが15時に終わり、ひとり麻布十番をのんびり散歩しながら森美術館へ。

『N.S ハルシャ展』を観て、ヒルズでのイベント『桜の花畑』を歩いた。

 

「六本木さくら坂」も「毛利庭園」も桜色一色。

港区道中でおじさまに「六本木ヒルズはどちらですか?」

と手ぶらの地元住人風を装っていた私に尋ねられ、

携帯も地図も持っていない、ただ行き当たりばったりの私だったが、

おじさまの「六本木にStayするMen像」に誇りをかけて、

「あちらの高架下を左手に折れましたら、案内が出てきますの」

と、胸をはったことは、MCで言いそびれたエピソード。

 

 

s_IMG_7647

物販の靴下は、STAFFプライベート取引先、恵比寿の靴下業者へデザインを持ち込んだ良品。

 

17797321_1471915556212537_1776411792_o

終演後、酔っ払ってエフェクター・シールド類全部お店に忘れ、

深夜3時過ぎ、TKC店長から

「死ぬほど、忘れ物してるよ」とメッセージ。

 

 

■10日

近所の花見。

お酒も食事もないが、正直私は一年中花見中なので。

 

s_IMG_77452

 

 

まとめ

 

U&DESIGNは浮かれたトリオだった。

最初からそうだったんだ。

それで、良かったんだ。

 

今年はやろう。

 

Kenji Ayabe

 

3月 備忘録

 

3月

風の棲む故郷へと、車を走らせる。

 

車窓から手を伸ばし、頬をなでた風は、

幼少時代のはっきりした記憶と、

34歳の私の曖昧な生活とを、

混ぜこぜに包んだ。

 

IMG_7303

 

 

■3月のAyabe家の珈琲豆

ケニア:カラニ農園 シティ

エチオピア:イルガチェフェ アッビ ナチュラル シティ

FACONブレンド:春限定『さくら blend』(コスタリカなど)

新しい物好き。

それは、単に、「新品」という条件ではなく、

心にある美術館の一室の白い壁に掛かる絵画を

常に探し歩いているという意味で。

 

 

■U&DESIGNの情報

4月8日(土)六本木Varit公演の出演時間は、21時頃からの予定です。

チケット予約はこちらe+まで。

共演は、アイゴンさん率いるATHENS ほか、 MACHINAさん、大比良瑞希さん。

先日も、某結婚式にてU&DESIGNでの演奏をした。

もはや、余興での活動しかしていないおじさんセッションだが、

喜ばれるのは、とてもいいことで、はげしく楽しかった。

(だいたい終わった後に、「プロは違いますね!」と、ホテルスタッフさんに言われるところが、営業感が出て恥ずかしさを助長させられる)

 

 

■ピナ・バウシュ

彩の国 さいたま芸術劇場

ピナ・バウシュ ヴァパタール舞踏団

『カーネーション NELKEN』

 

s_縮小

 

舞台一面。地表に咲ける花は、カーネーション一種と思わせる程の狂おしい量、見事な演出。

 

IMG_7214

 

 

IMG_7215

 

 

思うことはたくさんあれど、なんとか見にこれてよかった。

写真家さんなど、芸術関係に携わる方々が遠方からたくさんいらっしゃっていた。

 

 

■親友との会話

名古屋へと単身旅立った親友の、

電話先で苦境に嘆く声を聞いた。

ひとはなぜ、ひとに厳しい声をかけるのだろう。

ひとは、AIに「怒り」という知能を与えるか。

恐怖を選び、なぜひとはひとを躾けるのか。

 

 

 

IMG_7211

 

 

眠りの合図はこうだ。

口元に、ガーゼをひけ。

 

 

素敵な日々を。

 

Kenji Ayabe

 

2月 備忘録

2月

余白はそのままでもいいし、

描いてもいい。

 

 

■2月のAyabe家の珈琲豆

ケニヤ:エンブ県 ガクイファクトリー

エチオピア:イルガチェフェ ゴティティステーション・ナチュラル

東ティモール:マリアナ地方 タタマイラウ

アンブレンド:FACONオリジナル

ふた月ほど通えてなかった代官山FACONへ。

オーナーは出張だったけど、いつものお若い豆博識のイケメン。

メニューにないガクイを「いいの入ったので、、」と言ってサービスしてくれる。

ボディのしっかり・酸味豊かでいとおいし。

 

 

■U&DESIGN 出演

4月8日(土)

六本木Varit 1周年イベント

※詳細は後日発表

綾部・須藤・鈴木のトリオ編成で出演。

渋谷7th floorが別店を開店して1周年のおめでたイベントに。

先日に浩之と須藤が自宅にきて、一緒に珈琲飲んだりケーキ食べたり。

雑踏をよけるため脇道に入れば偶然にも、邂逅した感じで。

よてい、あけておいてくださいね。ね。

 

 

■読んだ本

チェーホフ:『イオーヌィチ』

ジョルジュ・サンド:『愛の妖精』

ゴーゴリ:『鼻』

2月はあまり本を読まなった。

文字を追うより写真集を眺める時の方が、身体が欲しがった。

それにしても、たまたま手にしたゴーゴリ著を落語調翻訳で読んだのだけれど、

逆立ちして読んでも、普通の方が良かった。してないけど。

 

 

■映画

スティーブン・スティルバーグ:『BFG』

テオ・アンゲロプロス:『旅芸人の記録』

ドラマー脇山さんが自宅を訪れてくれて、僕が最も敬愛するアンゲロプロス監督の作品を一緒に観た。

画がとにかく素晴らしくて美しい映画。

伝説的な長回しの名手、一度ご覧あれ。

 

 

■よく聴いた音楽

Ryan Adams :『 Prisoner』

Eraldo Bernocchi & Harold Budd :『Music for ‘Fragments from the Inside’』

Mono Fontana :『Ciruelo』

三宅純 :『Stolen from strangers (+2)』

今月に来日公演があるピナ・バウシュ ヴァパタール舞踏団。

気持ちもりあげていくために、映画Pinaでの三宅さんの音楽を。

 

 

 

素敵な日々を。

 

Kenji Ayabe

  • Prev
  • Next