kenji ayabe

NOTE

4月1日〜10日

4月 1日〜10日

 

私が瞳を閉じとき、

光は眠り、

闇もまた、屠られる。

 

 

■4日 U&DESIGNリハーサル

30分前に下北へ到着し、スタバへとcoffeeを買いに行く。

本日のHot「グアテマラ」と「エチオピア」と2種類。

その国のどこの地方ステーショんのやねん、とうそぶきながらも、店員さんていつも笑顔すてきね。

(だってお茶・お米買うのに、原産地「日本」て、ひろっ)

 

 

新バンマスのひろゆきの「賑やかし×」→「和やかし○」の切れ味も抜群で、最後の決めポーズまで締まってました。

 

fullsizeoutput_99

 

 

■7日

家族で鎌倉へ。

桜が満開のこの時期、ひっそりと佇む恒例の神社。

数本の桜が侘しげに咲いているが、

相変わらず、参拝者はだれ一人といない。

 

あまりにも密やかな家族のひと時。

移転したRomi-Unie Confitureへジャムを購入しに。

小町通りも賑やかで、これぞ観光地の鎌倉。

 

s_IMG_76412

桜ではなく、通りすがりのミモザの木に立ち止まるAyabe Family.

 

 

■8日 U&DESIGN Live in 六本木 Varit

リハーサルが15時に終わり、ひとり麻布十番をのんびり散歩しながら森美術館へ。

『N.S ハルシャ展』を観て、ヒルズでのイベント『桜の花畑』を歩いた。

 

「六本木さくら坂」も「毛利庭園」も桜色一色。

港区道中でおじさまに「六本木ヒルズはどちらですか?」

と手ぶらの地元住人風を装っていた私に尋ねられ、

携帯も地図も持っていない、ただ行き当たりばったりの私だったが、

おじさまの「六本木にStayするMen像」に誇りをかけて、

「あちらの高架下を左手に折れましたら、案内が出てきますの」

と、胸をはったことは、MCで言いそびれたエピソード。

 

 

s_IMG_7647

物販の靴下は、STAFFプライベート取引先、恵比寿の靴下業者へデザインを持ち込んだ良品。

 

17797321_1471915556212537_1776411792_o

終演後、酔っ払ってエフェクター・シールド類全部お店に忘れ、

深夜3時過ぎ、TKC店長から

「死ぬほど、忘れ物してるよ」とメッセージ。

 

 

■10日

近所の花見。

お酒も食事もないが、正直私は一年中花見中なので。

 

s_IMG_77452

 

 

まとめ

 

U&DESIGNは浮かれたトリオだった。

最初からそうだったんだ。

それで、良かったんだ。

 

今年はやろう。

 

Kenji Ayabe

 

3月 備忘録

 

3月

風の棲む故郷へと、車を走らせる。

 

車窓から手を伸ばし、頬をなでた風は、

幼少時代のはっきりした記憶と、

34歳の私の曖昧な生活とを、

混ぜこぜに包んだ。

 

IMG_7303

 

 

■3月のAyabe家の珈琲豆

ケニア:カラニ農園 シティ

エチオピア:イルガチェフェ アッビ ナチュラル シティ

FACONブレンド:春限定『さくら blend』(コスタリカなど)

新しい物好き。

それは、単に、「新品」という条件ではなく、

心にある美術館の一室の白い壁に掛かる絵画を

常に探し歩いているという意味で。

 

 

■U&DESIGNの情報

4月8日(土)六本木Varit公演の出演時間は、21時頃からの予定です。

チケット予約はこちらe+まで。

共演は、アイゴンさん率いるATHENS ほか、 MACHINAさん、大比良瑞希さん。

先日も、某結婚式にてU&DESIGNでの演奏をした。

もはや、余興での活動しかしていないおじさんセッションだが、

喜ばれるのは、とてもいいことで、はげしく楽しかった。

(だいたい終わった後に、「プロは違いますね!」と、ホテルスタッフさんに言われるところが、営業感が出て恥ずかしさを助長させられる)

 

 

■ピナ・バウシュ

彩の国 さいたま芸術劇場

ピナ・バウシュ ヴァパタール舞踏団

『カーネーション NELKEN』

 

s_縮小

 

舞台一面。地表に咲ける花は、カーネーション一種と思わせる程の狂おしい量、見事な演出。

 

IMG_7214

 

 

IMG_7215

 

 

思うことはたくさんあれど、なんとか見にこれてよかった。

写真家さんなど、芸術関係に携わる方々が遠方からたくさんいらっしゃっていた。

 

 

■親友との会話

名古屋へと単身旅立った親友の、

電話先で苦境に嘆く声を聞いた。

ひとはなぜ、ひとに厳しい声をかけるのだろう。

ひとは、AIに「怒り」という知能を与えるか。

恐怖を選び、なぜひとはひとを躾けるのか。

 

 

 

IMG_7211

 

 

眠りの合図はこうだ。

口元に、ガーゼをひけ。

 

 

素敵な日々を。

 

Kenji Ayabe

 

2月 備忘録

2月

余白はそのままでもいいし、

描いてもいい。

 

 

■2月のAyabe家の珈琲豆

ケニヤ:エンブ県 ガクイファクトリー

エチオピア:イルガチェフェ ゴティティステーション・ナチュラル

東ティモール:マリアナ地方 タタマイラウ

アンブレンド:FACONオリジナル

ふた月ほど通えてなかった代官山FACONへ。

オーナーは出張だったけど、いつものお若い豆博識のイケメン。

メニューにないガクイを「いいの入ったので、、」と言ってサービスしてくれる。

ボディのしっかり・酸味豊かでいとおいし。

 

 

■U&DESIGN 出演

4月8日(土)

六本木Varit 1周年イベント

※詳細は後日発表

綾部・須藤・鈴木のトリオ編成で出演。

渋谷7th floorが別店を開店して1周年のおめでたイベントに。

先日に浩之と須藤が自宅にきて、一緒に珈琲飲んだりケーキ食べたり。

雑踏をよけるため脇道に入れば偶然にも、邂逅した感じで。

よてい、あけておいてくださいね。ね。

 

 

■読んだ本

チェーホフ:『イオーヌィチ』

ジョルジュ・サンド:『愛の妖精』

ゴーゴリ:『鼻』

2月はあまり本を読まなった。

文字を追うより写真集を眺める時の方が、身体が欲しがった。

それにしても、たまたま手にしたゴーゴリ著を落語調翻訳で読んだのだけれど、

逆立ちして読んでも、普通の方が良かった。してないけど。

 

 

■映画

スティーブン・スティルバーグ:『BFG』

テオ・アンゲロプロス:『旅芸人の記録』

ドラマー脇山さんが自宅を訪れてくれて、僕が最も敬愛するアンゲロプロス監督の作品を一緒に観た。

画がとにかく素晴らしくて美しい映画。

伝説的な長回しの名手、一度ご覧あれ。

 

 

■よく聴いた音楽

Ryan Adams :『 Prisoner』

Eraldo Bernocchi & Harold Budd :『Music for ‘Fragments from the Inside’』

Mono Fontana :『Ciruelo』

三宅純 :『Stolen from strangers (+2)』

今月に来日公演があるピナ・バウシュ ヴァパタール舞踏団。

気持ちもりあげていくために、映画Pinaでの三宅さんの音楽を。

 

 

 

素敵な日々を。

 

Kenji Ayabe

1月 備忘録

 

 

1月、まだ春が紙のように薄い頃。

 

 

1

 

 

■1月のAyabe家の珈琲豆

エルサルバドル:フアユア地区サンタ・リタ農園

エチオピア:イルガチェフェ地区 イルガチェフェ G1

ブラジル:ボンスセッソ ボンジャルディン農園

朝の起きがけにコーヒー豆を削る日々だけはずっと変わることなく続いている。

「グラノーラの量、少し減らしたら」と言われることはあっても、「1度に挽く量と粗さどうなの」と聞かれることはない。

絵画の好み、音楽の趣向と同じに。

 

 

■読んだ本

アントン・チェーホフ:『可愛い女 犬を連れた奥さん』

リチャード・ブローティガン:『西瓜糖の日々』『不運な女』

福岡伸一:『生物と無生物のあいだ』

山本周五郎:『季節のない街』

佐伯啓思:『自由と民主主義をもうやめる』

義母から戴いたチェーホフ。ブローティガンはそれぞれ、もう10回以上は目を通しているのに、ぼくにとって、ずっと新作なまま。

移動時間の長い電車へ乗り込む前に駆け込んだ書店で、久しぶりに山本周五郎さんの作品を手にとった。永遠に美しい日本文学。

 

 

■美術館

原美術館:エリザベス・ペイトン『 Still life:静 / 生 』

大井町駅から地図も(もちろん携帯もないわけで)持たず、散歩しながら向かう。こういう時間がぼくにはとっても楽しい。

古い路地や老舗色の看板に、大げさに感嘆しながら、とにかく歩くけば、いつの間にやら北品川へ到着するもんだ。

展示を見て、いつものテラスで珈琲でも飲もうとCafeへ入ると、おじさまがグラスビールをあおっている。

わたしも「ビールください」「ビンとグラスはどちら?」

「ビンをください」

午後14時のカフェダールに、アサヒの中瓶(まさかの)を飲みながら、新聞を真っ赤な顔で読んでいたわけ。

 

 

 

■こどもが生まれて

2017年1月25日:綾部 紙春(しはる)

わたしとは違って、指が細くて長い男の子。

去年の夏過ぎにいちばん最初に浮んだ名前、

まだ春が、紙のように薄い頃に生まれる子。

 

彼の匂いが、ふと街で、眠りの中で、洗濯ものを干しながら、

どこからともなく香ってくる。

 

日差しを浴びた葉脈のように、

君に透ける生命に見とれてしまう。

 

 

3

 

 

素敵な日々を。

 

Kenji Ayabe

あけまして、おめでとうございます。

あけまして、おめでとうございます。

 

今年は沢山、年賀状を書きました。

ちかいひとから、日々の幸せと愛についてのMessage。

 

もう少し愛が大きくなれば、

あなたにもきっと伝わるはず。

 

さて、作品づくりにいよいよ入ります。

どうぞ、変わらぬお付き合いを。

 

s_img_5539

 

2017. 1 . 1

Kenji Ayabe

 

  • Prev
  • Next