8月 備忘録

 

「無糖で 格好のつく 音楽」

 

そろそろ、携帯を買おうと思ってる日々。

 

 

 

■8月 Ayabe家の珈琲豆

ブラジル:ボンジャルディンイエロー ミナスジェライス州

インドネシア:スロトコ スラウエシ島トラージャ地区

 

 

mini a

※ヴァンジ美術館 撮=筆者

 

 

■ジェームスアンドチャーリー 5周年の録音

 

J&C初の本格的なレコーディングスタジオでJCバンドメンバーと録音。

人生で最も楽しく、身を任せたひと時だった。

音楽的なコンプレックスの塊理のような僕を、

彼らは包み込んでくれた。

 

昔デビューしたバンドのマネージャー氏が最近に創立したスタジオを快く貸してくれたり、マスタリングまでの全員がぼくの友人で最後の最後まで、笑いが絶えなかった。

 

 

■祖母の納骨

父親とふたり、車中では生前の祖母の話を聞きながら、

父はシロっプ入りの珈琲を、ぼくは無糖を飲んだ。

 

 

彼はいつも、

大海原を渡る木船の木製オールを漕いでいるような顔で、

太陽の日に黒々と焼けた言葉をつぶやく。

 

そして、彼は寂島に住んでいる。

その島を、ぼくが発見することは永遠にないだろう。

 

 

mini a1

※ヴァンジ美術館 撮=筆者

 

 

■クレマチスの丘

妻の誕生日に、7ヶ月になる息子とヴァンジ美術館へ行く。

彫刻家ヴァンジさんの美的な「間」がとても良かった。

あれを音楽で表現できたら良いんだけれど。

 

 

■谷川くん演奏家としての舞台

早朝からの人間ドッグ→胃カメラ→三越劇場の流れで、

やや疲弊気味の食道でしたが、

最後のクライマックスで演奏したJ&C最新曲でほろりときた。

 

稽古中に、最後の曲を演出家さんと迷っている時に、

出来上がったばかりの新曲を聴かせたところ、

採用となったそうだ。

正直言って、歌詞が十分すぎるほどに構成とリンクしていたので、

飲み込んだ涙は、食道を治癒するのでした。

 

それにしても、前回同様、谷川くんぐらいしかあれをやれる人はいないと思う。

あれだけギターが弾けて、歌えて、。

ただ、舞台から見切れ(楽屋)たら銀玉です。

 

 

■solo

渓谷に流れる、青い川を下る。

やはり小舟に仰向けになり、

私の寂島へと、ハックルベリーフィンのように。

 

 

ひかりの中には、

誰が住むの。

そこは、

死んだ人だけが、

幸せに暮らせるのさ。

 

 

Kenji Ayabe