6月 上旬

 

 

ときには、人生はただコーヒー、

それがどれほどのものであれ、

一杯のコーヒーがもたらす親しさの問題だということもある。

(リチャード・ブローティガン)

 

 

■6月のAyabe家の珈琲豆

インドネシア:バリ島キンタマーニ郡 インテンデワタ ナチュラル

コロンビア:カウカ県ポパヤン地区 エル・サンツァリオ農園  ウォッシュド

コスタリカ:タラス地区 リカルド エルナンデス FW ウォッシュド

豆の粗さを少し変えてみること。

毎日していたことを、ちょっと変えるって、勇気いるね。

その先の山に登ること。

 

 

■福岡伸一 知恵の学校

愛読書『動的平衡』の著書で、数年来のファンである福岡先生の講義を受けてくる。

現在N.Yで教鞭を振るう、ロックフェラー大学での生物学者なわけで、先生にサインを書いてもらうときは、人生で一番緊張したわけで。

 

 

■ソール・ライター写真展

Bunkamuraへ、家族三人で写真を眺めているのだけれど、

子供の彼がいちばん楽しんで見ていた。

妻の胸に抱かれながら、できるだけ小さな声で笑うようにしていた。

 

 

■6月29日

U&DESIGNのLiveはぜひともご来場頂きたいです。

はやばやと、今年はこれで最後になるかな。

また、いつ会えるでしょうか。

 

※ご共演には、アチコ(Ropes)さんが追加されましたね。

 

 

幸せだと、音楽って作れないもんだ。

幸せだと、音楽が楽しく聴けるもんだ。

 

 

素敵な日々を。

 

 

Kenji Ayabe