4月1日〜10日

4月 1日〜10日

 

私が瞳を閉じとき、

光は眠り、

闇もまた、屠られる。

 

 

■4日 U&DESIGNリハーサル

30分前に下北へ到着し、スタバへとcoffeeを買いに行く。

本日のHot「グアテマラ」と「エチオピア」と2種類。

その国のどこの地方ステーショんのやねん、とうそぶきながらも、店員さんていつも笑顔すてきね。

(だってお茶・お米買うのに、原産地「日本」て、ひろっ)

 

 

新バンマスのひろゆきの「賑やかし×」→「和やかし○」の切れ味も抜群で、最後の決めポーズまで締まってました。

 

fullsizeoutput_99

 

 

■7日

家族で鎌倉へ。

桜が満開のこの時期、ひっそりと佇む恒例の神社。

数本の桜が侘しげに咲いているが、

相変わらず、参拝者はだれ一人といない。

 

あまりにも密やかな家族のひと時。

移転したRomi-Unie Confitureへジャムを購入しに。

小町通りも賑やかで、これぞ観光地の鎌倉。

 

s_IMG_76412

桜ではなく、通りすがりのミモザの木に立ち止まるAyabe Family.

 

 

■8日 U&DESIGN Live in 六本木 Varit

リハーサルが15時に終わり、ひとり麻布十番をのんびり散歩しながら森美術館へ。

『N.S ハルシャ展』を観て、ヒルズでのイベント『桜の花畑』を歩いた。

 

「六本木さくら坂」も「毛利庭園」も桜色一色。

港区道中でおじさまに「六本木ヒルズはどちらですか?」

と手ぶらの地元住人風を装っていた私に尋ねられ、

携帯も地図も持っていない、ただ行き当たりばったりの私だったが、

おじさまの「六本木にStayするMen像」に誇りをかけて、

「あちらの高架下を左手に折れましたら、案内が出てきますの」

と、胸をはったことは、MCで言いそびれたエピソード。

 

 

s_IMG_7647

物販の靴下は、STAFFプライベート取引先、恵比寿の靴下業者へデザインを持ち込んだ良品。

 

17797321_1471915556212537_1776411792_o

終演後、酔っ払ってエフェクター・シールド類全部お店に忘れ、

深夜3時過ぎ、TKC店長から

「死ぬほど、忘れ物してるよ」とメッセージ。

 

 

■10日

近所の花見。

お酒も食事もないが、正直私は一年中花見中なので。

 

s_IMG_77452

 

 

まとめ

 

U&DESIGNは浮かれたトリオだった。

最初からそうだったんだ。

それで、良かったんだ。

 

今年はやろう。

 

Kenji Ayabe