kenji ayabe

NOTE

6月 下旬

 

梅雨がくる前に

はじめること。

 

 

■U&DESIGN リハーサル 日和

 

昼過ぎ、ご飯を食べそこね、まだ手帳に詩を書きつづけていると、

一台の車が向こうの道を通り過ぎるのが見えた。

 

須藤の車で20分先のStudioへと国道を走る。

照りつける日差しは、フライパン街にいる私たちを焦がす。

 

 

 

UIc5Gufh3f3CFYF1498221719

 

 

20代後半、ふたり揃って『銀座ライオン』でBeerを飲んだことがあった。

 

私たちが、私たちのために、

大人になろうとすることで、

不毛な頓挫をすることがまれにある。

 

 

am9O9qOqpC2FZmq1498221613

 

 

今思えば、

中学部活動の最中に味わった、

成長痛のようなものだったのかもしれない。

 

 

piQD9vsFtUOPZjU1498221750

 

 

際限なく、垂れつづけている時という闇の中で、

私たちは京都の清らかな小川にまかせる水草のように、

成すがまま、訪れる季のように流れようと。

 

それが今、『らしい』所作なのかもしれない。

 

 

Kenji Ayabe

 

6月 上旬

 

 

ときには、人生はただコーヒー、

それがどれほどのものであれ、

一杯のコーヒーがもたらす親しさの問題だということもある。

(リチャード・ブローティガン)

 

 

■6月のAyabe家の珈琲豆

インドネシア:バリ島キンタマーニ郡 インテンデワタ ナチュラル

コロンビア:カウカ県ポパヤン地区 エル・サンツァリオ農園  ウォッシュド

コスタリカ:タラス地区 リカルド エルナンデス FW ウォッシュド

豆の粗さを少し変えてみること。

毎日していたことを、ちょっと変えるって、勇気いるね。

その先の山に登ること。

 

 

■福岡伸一 知恵の学校

愛読書『動的平衡』の著書で、数年来のファンである福岡先生の講義を受けてくる。

現在N.Yで教鞭を振るう、ロックフェラー大学での生物学者なわけで、先生にサインを書いてもらうときは、人生で一番緊張したわけで。

 

 

■ソール・ライター写真展

Bunkamuraへ、家族三人で写真を眺めているのだけれど、

子供の彼がいちばん楽しんで見ていた。

妻の胸に抱かれながら、できるだけ小さな声で笑うようにしていた。

 

 

■6月29日

U&DESIGNのLiveはぜひともご来場頂きたいです。

はやばやと、今年はこれで最後になるかな。

また、いつ会えるでしょうか。

 

※ご共演には、アチコ(Ropes)さんが追加されましたね。

 

 

幸せだと、音楽って作れないもんだ。

幸せだと、音楽が楽しく聴けるもんだ。

 

 

素敵な日々を。

 

 

Kenji Ayabe