11月 備忘録

 

「これが、地球に住むこと、か」

 

ーサイモン・ラトル氏の指揮を前にしてー

 

 

instagram

とうとう、携帯買ったので、はじめました、よ。

https://www.instagram.com/kenjiayabe/?hl=ja

 

 

■10月 Ayabe家の珈琲豆

エチオピア:イルガチェフェ・ウォテ/ ナチュラル

コスタリカ:コラソン・デ・ヘスス・エル・サリトレ

no name:no name

代官山FACONにて、最近はほとんどマスターにお任せ。

メニューにはない豆や、目新しい品種を詰めてくれる。

ベリーの香り高いイルガチェフェは、珈琲愛へと一歩を踏み出させてくれた思い入れある地区。

 

 

3mini

 

 

■山梨への家族旅

森林浴を身体が欲していることは、

都内近郊に住む誰もが感じること。

evam eva yamanashi へと、

思い立ったが吉日、車を高速道路に乗せた。

 

茶道の手さばきと、額のように切り取った窓から見える、

青い竹藪を眺めながら、お茶と和菓子を食べる。

日本人でいることの豊かさを、

最近は意識的に出会うよにしている。

 

2mini

 

 

■友人のお墓参り

中学生の時、はじめて組んだバンドの彼は、

ぼくの憧れのギタリストだった。

白血病で闘病中の彼に、

U&DESIGNの「1/3 1/3 1/3」を手土産に行くと、

心から喜んでくれた。

「今度solo albumが間も無く発売だから、

持っていくから聴いてね」

という約束を最後に、リリース1ヶ月前に亡くなった。

 

「きみが死んでからの方が、

ぼくは、なんだかきみと会っているね」

 

と墓石に投げかける言葉が、

いつも、晴天の秋風にさらわれる。

 

 

1mini

 

 

■サイモン・ラトル主席指揮者 ベルリンフィル管弦楽団

念願のこの1日。

毎年、抽選に外れ続け、

力技(コネ)も叶わなかった近年。

あの手(チケキャン)、この手(土下座)で手にした1枚片道切符。

サイモン・ラトル氏の美しい生命の律動を喚起する指先、

ほとばしる息吹の旋律風に抱かれ、音楽人生最幸福の導を賜りました。

次期はキリル・ペトレンコ氏が決定しているわけで、

ベルリンフィルでのラトルを観れるチャンスはもう最後な訳で。。

生涯、ベルリンフィルを追うことを密かに誓う夜。

 

 

■12月2日だけれど、、

UNCHAINの三井ホールをさっき観てきた。

ときどきバンドマンに訪れる、

「名演」と言えるセッションでした。

彼ら4人を支える、愛のある家庭的なチームが、

見事に原曲への、優しい心あるアレンジへと回って、

プロフェッショナルな舞台を支えていました。

谷川君、谷君、佐藤君、吉田君の築き上げた、

心地よい大きさの旅船に、

オーディエンスが風となって、

美しい未来へと向かっている姿を拝見しました。

 

素敵な夜でした。

(酔い冷ましに、誰もいない日本橋を闊歩散策してから帰りました)

 

 

では。

Kenji Ayabe