10月 備忘録

 

 

野生の音楽を 追って、

ジェームスとチャーリーの贈り物。

 

最初にうけとるのは

わたし。そして、来年のわたし。

 

 

■10月 Ayabe家の珈琲豆

ルワンダ:バフ ニヤマカベ 南部ニヤマカベ地区 / ウォッシュト

ペルー:アイマラ プティナ 南東部サンディア渓谷地区 / ウォッシュト

 

家で淹れる珈琲は、しっとりと柔らかい。

焙煎家の温もりを感じながら。冷えて酸化した後でもなんとなく美味しい。

 

 

 

■J&C ツアーを終えて

毎日、谷川くんといて、彼そのものをいい加減わかってくる。

普段は、朝露に濡れた、針葉樹の根元に生えた日陰の草のようだけれど、

ステージに上がると、それをむしる馬のように牧草地を駆ける。

いや、それは良いように言い過ぎたけれど、

こんな歌の上手なおじさんと、一緒に演奏するのだから、

曲がりなりにも幸福なのだ。

 

 

tanigawa mini

「札幌 藻岩山」 撮=筆者

 

 

■『谷川正憲の視線』 in 北海道

わたしが運転する脇、シャッターを切る谷川。

なにか被写体があったようには思えなかった。

 

東京に帰って、渡していたカメラのデータを開いてみると、

谷川の見ていた景色を見ることができた。

 

わずかにご紹介。

 

 

mitibata mini

「藻岩山 レンタカーの車中から」 撮=谷川正憲

 

8合目辺りまで車で登ることができる。

太く大きな虹が出ていた。

 

 

 

ki mini

「さっぽろ湖」  撮=谷川正憲

 

紅葉をすでに終えて寂しい、樹々の前で

彼は、静かに立ち止まっていたんだろうか。

 

 

 

tesuri mini

 

「さっぽろ湖 2」  撮=谷川正憲

 

彼の記憶と言うよりも、

ファインダーの記憶。と言った方が良さそうな写真。

 

どうして、この写真を撮ったのか、

さっぱりわからないけれど、

なんだか、とても良かったので。

 

 

「言葉じゃ 伝わらない」

と言うより、時々、

 

「言葉じゃ 物足りない」

と言うこと。時々。

 

 

Kenji Ayabe