1月 備忘録

 

 

1月、まだ春が紙のように薄い頃。

 

 

1

 

 

■1月のAyabe家の珈琲豆

エルサルバドル:フアユア地区サンタ・リタ農園

エチオピア:イルガチェフェ地区 イルガチェフェ G1

ブラジル:ボンスセッソ ボンジャルディン農園

朝の起きがけにコーヒー豆を削る日々だけはずっと変わることなく続いている。

「グラノーラの量、少し減らしたら」と言われることはあっても、「1度に挽く量と粗さどうなの」と聞かれることはない。

絵画の好み、音楽の趣向と同じに。

 

 

■読んだ本

アントン・チェーホフ:『可愛い女 犬を連れた奥さん』

リチャード・ブローティガン:『西瓜糖の日々』『不運な女』

福岡伸一:『生物と無生物のあいだ』

山本周五郎:『季節のない街』

佐伯啓思:『自由と民主主義をもうやめる』

義母から戴いたチェーホフ。ブローティガンはそれぞれ、もう10回以上は目を通しているのに、ぼくにとって、ずっと新作なまま。

移動時間の長い電車へ乗り込む前に駆け込んだ書店で、久しぶりに山本周五郎さんの作品を手にとった。永遠に美しい日本文学。

 

 

■美術館

原美術館:エリザベス・ペイトン『 Still life:静 / 生 』

大井町駅から地図も(もちろん携帯もないわけで)持たず、散歩しながら向かう。こういう時間がぼくにはとっても楽しい。

古い路地や老舗色の看板に、大げさに感嘆しながら、とにかく歩くけば、いつの間にやら北品川へ到着するもんだ。

展示を見て、いつものテラスで珈琲でも飲もうとCafeへ入ると、おじさまがグラスビールをあおっている。

わたしも「ビールください」「ビンとグラスはどちら?」

「ビンをください」

午後14時のカフェダールに、アサヒの中瓶(まさかの)を飲みながら、新聞を真っ赤な顔で読んでいたわけ。

 

 

 

■こどもが生まれて

2017年1月25日:綾部 紙春(しはる)

わたしとは違って、指が細くて長い男の子。

去年の夏過ぎにいちばん最初に浮んだ名前、

まだ春が、紙のように薄い頃に生まれる子。

 

彼の匂いが、ふと街で、眠りの中で、洗濯ものを干しながら、

どこからともなく香ってくる。

 

日差しを浴びた葉脈のように、

君に透ける生命に見とれてしまう。

 

 

3

 

 

素敵な日々を。

 

Kenji Ayabe