わたしの1日 5.19

IMG_8909

5.19 00:05

「3人の1日」やHPのイラストレーターpenslifework氏からのプレゼントが数枚届く。

 

13:03

片瀬江ノ島駅に到着した僕は、10年来の友人で、現在も僕の演奏サポートをしてくれる粂君に迎えられる。駅から徒歩5分、浜辺からは100歩に住居を構えている。

 

「日々、都会で浴びた電磁波を、全部ふるい落として、自然に没入して欲しい」と片瀬海岸、江ノ電沿いを歩きながらぼくに言った。

 

直島で生まれ、東京、イギリスで育った彼が、はじめての一人暮らしに選んだ場所を聞かされたとき、僕の中に記しためた“暮らし方の本質”に小さな合点がいった。

 

地域と自分と自然のリズム感が、互いに伝播しあっていて、その波がとても気持ちよく、心身がほぐれていく。

 

 

s_IMG_1508-2

 

サーフィン仲間だというマスターの作る食事には、大地の恵みを慈しんだ大きな愛と自由が。食事が一生体験になるほど美味しかった。

 

一番のお気に入りの場所だと言う「小動神社(こゆるぎじんじゃ)」にて母なる海に逢う。

 

IMG_1518

 

クライマックスに用意してくれたのは、サーフボードとウェアだった。

 

17:36

日没前にたった1時間半だけの晴れ間が出て、大きくうねる波に身体をゆだねた。

 

IMG_1530

 

ほとんど経験のない僕には、かなりハードな波だったようで、浮いていられる時間も限られていたけれど、海に足を入れる前に、

「ここからは、誰の責任でもない。命は自分の責任だ」

と彼が言った。日頃ぬかぬかと過ごしたあげく、抜け落ちてしまった大切なパーツを拾ってもらった気がした。

 

IMG_1528

 

音楽の岸へ

 

20:30

湘南T-site着。書籍以外のセレクト店の品々を見回る。

23:29

自宅着。

Kenji Ayabe