新しい年に、おめでとう。

あけまして、おめでとうございます。

 

街に掛かる新春の看板が、あっと言う間になくなってきました。

 

1月一杯はずっと「あめでとう、おめでとう」と賑やかしていたいと思うのは、僕だけでしょうか。

 

人生、その言葉にできるだけ多くのシチュエーションでお世話になりながら、歳を重ねていきたいと願います。

今年からは、新年のムードが終ってしまった後では、

心に「おめでとう」と掛け軸を飾りつつ、小さな挨拶に一輪の花を思うよう、心がけたいなと。

 

(船を導く灯台のような挨拶をする人が、近くにいてくれるわけで)

 

年明けは千葉県にある実家へと帰省して、すっかり笑い込んできました。

母への年賀状には

「糖分は控えめ、幸は多め」

と記したのに、お土産に母が一番喜ぶロールケーキを買って行ってしまいました。

 

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

 

皆さんにも、幸せがおおく届きますように。

心から。

 

Kenji Ayabe