徳島にあるセレクトショップ「Cue!」

【アルバム「3人の1日」、ま新しいお取扱いのお店のお知らせ】

阪神高速3号線を走っていると、谷崎潤一郎氏の著作で読んだ、芦屋の町並みを、雲一つない、青い空の下に見つけられた。

3月某日、徳島県徳島市に向う車内には、助手席のシートでも弾けるTeyler製の小ぶりのアコースティックギターを粂君が抱えていた。

後部座席には、急ぎの要件でも、Tea timeをいくつ余して構わない要件でも、メールの返信の早い海老原君が、携帯になにやらメッセージを打ち込んでいた。

鳴門海峡を目下に、車は歓声の中でアクセルの踏み込みを弱める。徳島の市街を真新しい眼差し、法廷速度内ほのぼのとしたスピードで観光している。

1年前、FOR STOCKIST EXHIBITIONという、インテリア、ファッション、雑貨の合同展示会を訪れた際、縁あってご紹介いただいた店主 青木さんに、ツアー出発の直前に店鋪販売の連絡をいただいた。

 

11004696_712656652188577_1365053446_n

 

お店のドアを開けると、「えっ、あやべさん?」と若く可愛らしい店員さんがこちらに声がかかった。初めて降りた土地に突如として邂逅に出合わせたように嬉しかった。

 

11004769_712656648855244_1557720002_n

 

青木さん自身も音楽家の一面を持っているようで、彼のセレクトしたCDには人柄やフィールドが映し見えた。

 

11004364_712656655521910_1805263338_n

 

CDを手渡してから、お勧めのカレー店に皆揃って移動した。

cafe boosan http://cafeboosan.com

散々にLiveのMCで言っている通り、OLDE WORLDE沼田君の影響を受けてお肉を摂らなくなったので、最近はメニューから選ぶ時も、自分で作るときでも、戸惑うことが少なくて助かっている。

 

IMG_8126

 

壁には高橋久美子さんのサインが書かれていて、彼女の故郷を覗けてそれもよかった。彼女の著作「思いつつ、嘆きつつ、走りつつ」の中で読んだ、主人公が感じた海に囲まれた島にある青春像をまとった風が、どの小道にも吹き、そして溜まっている様子が僕の目に映った。

Cueに戻り珈琲豆などを買い物して青木さんと別れた。土地の記憶は、そこで出逢った人との会話で根付くものだ。そして遠慮がちに僕の断片としてのCDも、そこにあるということを実感していることがなにより嬉しい。

 

IMG_8115

・左 筆者 ・右 店主青木さん

Cue!  http://cue-web.com 徳島県徳島市沖浜東2-40

(写真=上3枚 青木さん 下2枚 私物)

Kenji Ayabe