kenji ayabe

NOTE

11月 備忘録

 

広葉樹の落ち葉を踏むことは、

記憶に住んだ、過去の私を

愛でるという行為に 似ている。

 

 

■11月の豆

 

代官山 FACON

 

エチオピア:ジンマ・フンダオリ

エルサルバドル:シベリア

ホンジュラス:ラ・フォルトゥナ

 

 

初めての人と、知人と会うとき、テーブルの上に珈琲が乗っていて欲しい。

それは、初秋の芝生に水をさすことに似ている。

 

 

■インゲヤード・ローマン展

 

中国から来日し、多摩美術大学へ入学し、

陶器を制作している20歳の女の子から突然、

ローマン展のご招待券を頂いた。

 

近代美術館 民芸館

 

ローマンさんが作り出す器の哲学に、

人としての幸せの在り方を、

もう一歩踏み出す力を頂いた。

 

建物自体もとても可愛いらしく、

北海道が恋しくなった。

 

 

 

途中の散歩道となった、

北の丸公園の樹々が、

見事に紅葉色付いていて、

思いかけず足を止めては、

深呼吸をしていた。

 

-くもの巣に落ち葉がかかっている-

 

 

■11月14日

 

私にとって大切にしている日。

友人の御墓参りに。

毎年、かならずの秋晴れ。

 

 

■11月を振り返って

 

この秋は、底知れぬほど寂しさに埋もれた。

波音を聴いても、風音を聴いても、

星を眺めても、寂寞としてしまった。

それが、

この11月、自分に正直になることで、

季節は冬に巡った。

とても美しい冬に。

 

 

 

 

Kenji Ayabe

10月 備忘録

 

みかんの皮を捨てるくらい、

秋よ、三角コーナーに過ぎ去れ。

(うちに三角コーナーないれけど)

 

 

 

■10月の豆

 

代官山 FACON

エチオピア:ジンマ・フンダオリ

ルワンダ:ニヤマラマ

秘密の豆

 

 

オーナーが未開拓の豆を、無記名でくれた。

これが驚きの美味さ。

名付けられない自然の物って、深く素晴らしい。

 

 

■神奈川近代美術館から葉山へ散歩道

 

アアルト展を訪れるために、

車で一色海岸に沿ってドライブ。

妻とふたり、好きな場所、好きな食べ物、

好きな芸術を。

 

 

 

 

浜辺におりて、

息子のために貝殻を拾ったり、

シーグラスを集めお土産に。

 

 

 

 

 

 

■原美術館

 

 

リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」展に訪れる。

最初、僕は彼が美術館なんかでやらずに、

Tシャツの上でやったら良かったんだと批評的な立場だった。

何度か重ねて観ていくうちに、

それは、この品川にある原美術館という高価な土地建物に、

ある種僕は偏向的な価値を見出し過ぎていたと気付かされた。

 

 

 

 

 

■温暖な食事会

 

久しぶりに、高橋久美子さんと食事を取った。

彼女に取り持って頂いて、交遊のできた蕎麦屋におもむいた。

 

私たち家族とすっかり話題も尽きず、

歳を重ねて行く方向を、

優しく導いてくれる大切な言葉を飲む。

 

 

 

 

36歳になって、

個人の持つ『価値観』といのが一層、

人と関わり合いを持つために、

最も大切なコニュニケーションの肝だと感じる。

 

人生の意味とは、

人生の目的とは。

 

Kenji Ayabe

9月 備忘録

 

悲しみは、突然にやってくる

私はいま、台風の目の中にいる

 

そして、悲しみは未来にもある

まったく、空がずっとあるようにだ。

 

 

池袋の明日館にて

 

 

■9月の豆

毎日、どこかでCoffeeを飲んでいる。

 

表参道 丸山珈琲 Single Origin Store

用賀  珈琲譚

宮前平 珈琲茶房田園

羽田空港 ISETAN HANEDA

 

 

ISETAN HANEDAにて

 

 

■9月のあれこれ

ふたりで外で珈琲を飲んだのは、

私が彼をバンドに誘った10年ぶりぐらいだった。

私と須藤の間にあった、

テーブルの上の珈琲がとても美味しくて、

豆違いで2杯頂いた。

 

喫茶店にて

 

 

■北海道でのあれこれ

台風があり、結局18時間くらいしか滞在できず、

寂しい朝の6時半ごろ。

チェックアウトしたホテル近くの、

豊平川でお爺さん方と一緒になってラジオ体操。

おじいさんと暫し朝の会話を楽しんで、

名残惜しさも少し和らいだ札幌。

 

 

豊平川沿いにて

 

 

「STAY & Coffee」という謳い文句の、

ゲストハウス的なお店だったので珈琲を楽しみにしていた。

けれど、checkoutをAM6:00にすませたので、、。

 

公演が終わって、ご飯も食べ、谷川くんと別れてから、

色々なことに寂しくなって、

1時間ほどこのロビーで呆然としていた。

 

見知らぬ人の集まる場というのは、

随分と、気が楽なもんだ。

 

 

AM5:30ころにて

 

 

日々、こうやって過ぎて行く時間が、

『ほろほろ』と崩れ去って行くのを、

寂しく感じる。

秋だからだろうか。

枝の葉が、落ち葉となって、

胸にすっぽり空いた穴に、

秋風とともに吹かれて行く。

 

 

 

ゲストハウスの早朝にて

 

 

Kenji Ayabe

8月 備忘録

 

 

東京の街それ自体、

タイムズの駐車場みたい、

分刻みで課金される。

 

一歩、玄関を出れば

たちまちGoogleが、

位置情報の集金にやってくる。

 

 

 

 

■8月 Ayabe家の珈琲豆

 

代官山 FACON

エチオピア:フンダ・オリ

パナマ:コトワ・ダンカン

コスタリカ:ロス・セドロス

 

 

 

 

8月のまったくの暑さには、

身体が茹ってしまった。

電気クーラーを使わないと、住めない星になってしまった。

カート・ヴォネガット氏が生きていたら、

この熱帯騒ぎをなんと言ってくれたことか。

 

 

 

■James and Charlyの旅ごと

 

東京:六本木Varit

大阪:梅田Shangri-La

 

Guitar:粂絢哉

Bass:田口恵人(LUCY TAPES)

Drum:脇山広介(tobaccojuice)

 

 

写真:梅田Shangri-La キイ店長(手前)

 

 

忘れたくない演奏は数あるけれど、

それは食べ物みたいに、身体の一部となって、

どこかへ消えてしまう。

 

ただ、そういう日々で、

自分ができているというだけの事。

愛すべき日々だ。

 

 

 

写真:高速道路SA

 

 

 

■Dawa

 

この人と出会えて、

本当に良かった。

出なかったら、

永遠に信号が赤のままだったかも。

 

 

写真:(手前から) 筆者 / 世界のDawa / 照明さん / Shangri-Laキイ店長

 

 

 

■9/29の札幌の公演

 

さて、

9月29日

北海道の札幌でお会いしましょう。

とっても楽しみにしています。

 

 

ジェームスアンドチャーリー「Candy & New Yoke」

tour 18’ 追加公演

9月29日(土)

@札幌 musica hall cafe

open 17:00 / start 17:30

前売¥3,400 / 当日¥3,800(ドリンク別)

<<出演>>

・ジェームスアンドチャーリー

・谷川正憲

・綾部健司

【チケット販売先】

https://jamesandcharly.com/items/5b72f34a5496ff291d001ffd

 

 

 

素敵な日々を。

 

 

Kenji Ayabe

JとC tour おわりかけ。

 

ジェーチャリが6周年を巡る旅。

 

7月22日

 

08:04

 

神戸・旧グッゲンハイム邸の公演日の朝、

ビジネスホテルのベッド。身体を起こすと、

誰かが打ったファールボールが、

間違って胃に入り込んでしまったような、

吐き気に私はおそわれた。

 

 

<写真=京丹後にて>

 

 

明石駅から邸に向かう蒸した車内、

外気温度計は40度をさす。

助手席に横たわる私は、

googleで「近くの病院」と話しかける。

 

応えた画面を震える視線で眺める。

 

身体にムチ打って、

搬入を終え私は野外駐車場に車を放った。

 

潮騒が聞こえてくる。

海と道と私を日差しは容赦なく、

ベージュのキャップと皮膚に突き刺さってくる。

 

私は、なんと、その日差しを浴びると、、

その道端で元気になったのだ。

なんて不思議な体験だったろう。

 

 

<写真=神戸 旧グッゲンハイム邸 搬出中の谷川くん>

 

 

大阪公演を終え帰京二日後、

予約していた健康診断におもむいた。

去年の受診より身長が2cmも低くなっていた。

やはり、早起きが定着し過ぎておじいちゃん化が進んだのだろうか。

 

嘘こけ!

 

 

 

<写真=旧グッゲンハイム邸>

 

 

後半、Tourにカメラを持っていくのを忘れてしまった。

幼少期から忘れ物が多い子供だった。

カバンの用意、ペンケースの準備、

勉強の予習、部活の復讐が嫌いなのだ。

 

『努力』嫌いそれこそが、

私が怠惰へと粘着させる。

私が私らしく生きてしまったから。

 

 

<写真=旧グッゲンハイム邸>

 

 

息子がこの1週間に40度近くの熱を、

行ったり来たりしていた。

 

私は毎日つきっきりで彼の、

汗で額につく髪を拭ったり、

病院の待合室で、

13番目の順番が来るのを

指折り数えていた。

 

 

ある日からの午後、

彼を抱きながらベッドに腰掛けているひと時、

「これが幸せでなかったら、

何が幸せだって言うんだ」

 

と口ずさむようなった。

 

こう言うメロディを生み出せたことが、

音楽家であったご褒美なのだろう。

 

さて、

またお会いすることができるのなら、

会いに来てよ。

 

旅のチケットは、

https://jamesandcharly.com

ポケットを叩くと手に入ります。

 

いい時代なんだね。

たぶん。

 

 

Kenji Ayabe

 

  • Next