kenji ayabe

NOTE

10月 備忘録

 

 

野生の音楽を 追って、

ジェームスとチャーリーの贈り物。

 

最初にうけとるのは

わたし。そして、来年のわたし。

 

 

■10月 Ayabe家の珈琲豆

ルワンダ:バフ ニヤマカベ 南部ニヤマカベ地区 / ウォッシュト

ペルー:アイマラ プティナ 南東部サンディア渓谷地区 / ウォッシュト

 

家で淹れる珈琲は、しっとりと柔らかい。

焙煎家の温もりを感じながら。冷えて酸化した後でもなんとなく美味しい。

 

 

 

■J&C ツアーを終えて

毎日、谷川くんといて、彼そのものをいい加減わかってくる。

普段は、朝露に濡れた、針葉樹の根元に生えた日陰の草のようだけれど、

ステージに上がると、それをむしる馬のように牧草地を駆ける。

いや、それは良いように言い過ぎたけれど、

こんな歌の上手なおじさんと、一緒に演奏するのだから、

曲がりなりにも幸福なのだ。

 

 

tanigawa mini

「札幌 藻岩山」 撮=筆者

 

 

■『谷川正憲の視線』 in 北海道

わたしが運転する脇、シャッターを切る谷川。

なにか被写体があったようには思えなかった。

 

東京に帰って、渡していたカメラのデータを開いてみると、

谷川の見ていた景色を見ることができた。

 

わずかにご紹介。

 

 

mitibata mini

「藻岩山 レンタカーの車中から」 撮=谷川正憲

 

8合目辺りまで車で登ることができる。

太く大きな虹が出ていた。

 

 

 

ki mini

「さっぽろ湖」  撮=谷川正憲

 

紅葉をすでに終えて寂しい、樹々の前で

彼は、静かに立ち止まっていたんだろうか。

 

 

 

tesuri mini

 

「さっぽろ湖 2」  撮=谷川正憲

 

彼の記憶と言うよりも、

ファインダーの記憶。と言った方が良さそうな写真。

 

どうして、この写真を撮ったのか、

さっぱりわからないけれど、

なんだか、とても良かったので。

 

 

「言葉じゃ 伝わらない」

と言うより、時々、

 

「言葉じゃ 物足りない」

と言うこと。時々。

 

 

Kenji Ayabe

U&DESIGN の きかく

いつもの忘年会。

 

「これだけいたら、演奏会しちゃった方が、、」

 

いっそ、皆にMail打ってみました。

 

U&DESIGN12:27

 

で、こうなりました。

 

U&DESIGN presents

『PREMIUM DESIGN  ~僕らの忘年会~』

場所:六本木Varit

日程:12月27日

Open:18:30 / Start:19:00

前売 3500円 / 当日 4000円(共にD別)

 

出演:U&DESIGN / Schroeder-Headz / ジェームスアンドチャーリー / MIZUNO SOTA ORCHESTRA / DJ FREDO

(綾部健司 / 須藤優 / 鈴木浩之 / 粂絢哉 / 山本健太 / 渡辺シュンスケ /  谷川正憲 / 田口恵人 / 脇山広介 / 水野創太 / 松野光紀)

 

予約ページ:eプラスhttp://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002241889P0030001

※Varit、各アーティストの予約受付はありません

 

出演者は、要楽器持参、でお願いします。

よろしくどうぞ。

 

Kenji Ayabe

9月 備忘録

 

『1.家族一緒に夕飯を食べること』

『2.家族の誕生日を一生忘れないこと』

『3.夫婦でよく出掛けること』

 

義妹の結婚式で、新郎新婦にした、お祝いスピーチ。

 

■9月 Ayabe家の珈琲豆

エチオピア:イルガチェフェ ウォッシュト

パナマ:コトワ・ダンカン ナチュラル

不明:不明

 

 

miniayabe1

京都嵐山:J&C tour 撮=筆者

 

■ジェームスアンドチャーリー 5周年のtour旅

福岡、岡山、神戸、京都、名古屋、金沢と巡ってきた。

車中3,000kmの時間は、それが生活者の日々そのものの様に、

北陸道の雨に嘆き、日高山脈の深い山陰に感歎し、

東にいても、西にいても太陽に灼かれた。

 

ビートニクの時代であれば、

アメ車に乗って、アコギ一本で旅をする浮浪者として、

それはそれで胸を張っていたのかもしれない。

 

名付けられた『旅』を行う者に、

『旅』らしいことは見当たらないかもしれない。

 

 

 

miniayabe2

福岡TAGSTA:J&C tour 撮=筆者

 

 

それでも尚、ふたたびの道を行く。

いつかそれが『生』となった時、

それが無名の『旅』と名づくとき。

 

 

Kenji Ayabe

8月 備忘録

 

「無糖で 格好のつく 音楽」

 

そろそろ、携帯を買おうと思ってる日々。

 

 

 

■8月 Ayabe家の珈琲豆

ブラジル:ボンジャルディンイエロー ミナスジェライス州

インドネシア:スロトコ スラウエシ島トラージャ地区

 

 

mini a

※ヴァンジ美術館 撮=筆者

 

 

■ジェームスアンドチャーリー 5周年の録音

 

J&C初の本格的なレコーディングスタジオでJCバンドメンバーと録音。

人生で最も楽しく、身を任せたひと時だった。

音楽的なコンプレックスの塊理のような僕を、

彼らは包み込んでくれた。

 

昔デビューしたバンドのマネージャー氏が最近に創立したスタジオを快く貸してくれたり、マスタリングまでの全員がぼくの友人で最後の最後まで、笑いが絶えなかった。

 

 

■祖母の納骨

父親とふたり、車中では生前の祖母の話を聞きながら、

父はシロっプ入りの珈琲を、ぼくは無糖を飲んだ。

 

 

彼はいつも、

大海原を渡る木船の木製オールを漕いでいるような顔で、

太陽の日に黒々と焼けた言葉をつぶやく。

 

そして、彼は寂島に住んでいる。

その島を、ぼくが発見することは永遠にないだろう。

 

 

mini a1

※ヴァンジ美術館 撮=筆者

 

 

■クレマチスの丘

妻の誕生日に、7ヶ月になる息子とヴァンジ美術館へ行く。

彫刻家ヴァンジさんの美的な「間」がとても良かった。

あれを音楽で表現できたら良いんだけれど。

 

 

■谷川くん演奏家としての舞台

早朝からの人間ドッグ→胃カメラ→三越劇場の流れで、

やや疲弊気味の食道でしたが、

最後のクライマックスで演奏したJ&C最新曲でほろりときた。

 

稽古中に、最後の曲を演出家さんと迷っている時に、

出来上がったばかりの新曲を聴かせたところ、

採用となったそうだ。

正直言って、歌詞が十分すぎるほどに構成とリンクしていたので、

飲み込んだ涙は、食道を治癒するのでした。

 

それにしても、前回同様、谷川くんぐらいしかあれをやれる人はいないと思う。

あれだけギターが弾けて、歌えて、。

ただ、舞台から見切れ(楽屋)たら銀玉です。

 

 

■solo

渓谷に流れる、青い川を下る。

やはり小舟に仰向けになり、

私の寂島へと、ハックルベリーフィンのように。

 

 

ひかりの中には、

誰が住むの。

そこは、

死んだ人だけが、

幸せに暮らせるのさ。

 

 

Kenji Ayabe

7月 備忘録

 

「人生は旅」は、実感ではない。

むしろ人生は、眠りに置かれたロウソクに映る。

 

ただその歌は、か細い火を揺らして、

優しい夢へと導く。

 

 

mini ayabe

※スウェーデン スカンセン  撮=妻

 

 

■7月 Ayabe家の珈琲豆

エチオピア:イルガチェフェ ナチュラル City

パナマ:コトワ・ダンカン ナチュラル High

パナマ:ゲイシャ

 

 

■ジェームスアンドチャーリー tour 2017「5 & FESTA 」

 

J&Cは 5年育んだ樹のよう、

青々とした葉を。お話盛りだくさんで。

 

soloは 相変わらずに、

Still lifeみたいに眺めてください。

 

ーTourー

09/18(祝・月)
 東京 祐天寺 FJ’s
09/26(火)
 福岡 TAGSTA
09/27(水)
 
岡山 城下公会堂

09/28(木) 神戸 旧グッゲンハイム邸 ←New
09/30(土)
 京都 SOLECAFE
10/1(日)
 名古屋 sunset BLU
10/2(月)
 
金沢 もっきりや
10/25(水) 宇都宮 COFFEE RUMBA.
10/26(木)
 
静岡 LIVING ROOM
10/28(土)
 
大阪 西長堀 cafe Room
10/29(日)  東京 Grapefruit Moon
10/31(火)
 
札幌 musica hall cafe

 

 

またお会いできるのを、

心から楽しみにしています。

出席簿とりたいくらいに。

 

 

■祖母

某国立大学で英文のタイピストだった祖母。

紅茶に大さじ1杯のブランデーと砂糖を入れた祖母。

庭に薔薇が美しい園を育てた祖母。

私の素敵な魔女が死んだ。

 

私は彼女の(いまなお)愉快な孫だ。

 

 

Kenji Ayabe

 

  • Next