kenji ayabe

LETTER

頬杖

頬杖

 

教室の机に 置いてきた肘と

20年後、私が見つめる 妻の肘

 

愛をことばに変換できず

自転車を漕いだ制服の密団

 

美しい日々は

名もなき制約を受ける

 

遺伝子は

私をビークル(乗り物)として

百万年を生きる道の途中

 

Kenji Ayabe