kenji ayabe

LETTER

降雪のドア

図書館の屋根に

薄葉紙の影をつくり

一枚の雲が過ぎる

 

“時”の正体を

歩道橋で眺めていた

 

老婆は階段を登りきった

 

 

“私”という読み物を

目次から第3章までを

干された指が さっと捲る

 

背中でカラスは 尖塔へと飛び

降雪のドアは 私に訪れる

 

白い雑音へと 跨ぐのは足

 

Kenji Ayabe