kenji ayabe

LETTER

鎌倉にて

わたしは、やりたいことを選んでる。

それは、繰返し行為とは

別のやりかたで。

 

小町通り「鎌倉いも吉館」のベンチには、

観光客の叔母さま8名が、

紫芋ソフトクリームのコーン部分に、

舌の橋を一斉にかけるところだった。

 

一刻も早くそこを立ち去るべきだった私は、

つまり、カメラを向けてしまった。

 

わたしは、彼女達との間にできた、

埋立てることのできない溝について、

イマの政治と同様の感想を求められている。

 

あるいはわたしは、

酒に酔ったモスキートかもしれない。

 

Kenji Ayabe