kenji ayabe

LETTER

辺鄙な場所にて

灰色のうちっぱなしコンクリートの壁に、

腕まくりをしながら書くLETTERは、

初夏をひんやりする効果。は、ない。

 

マーマレードのバターケーキの空き袋が

机の上に鎮座している。

 

虫が嫌いな訳でもなく、

早々に蚊取り線香を浴びて、

焼け落ちる灰をじっとみつめる。

 

立ち上る白い密風は

肌にそうっと冷たい。

 

5月が終わる。

友人が楽曲のように沢山できた。

ずっと5月であれば、

包装紙(こどく)さえ愛せる。

 

だから、ずっと僕は

効率主義でないと言っている。

 

Kenji Ayabe