kenji ayabe

LETTER

新たな音楽によせて

“作品は、常に壁に掛けられなければならないの”

ヘミングウェイ著「移動式祝祭日」のなかで、

著作家のスタイン氏が作中のヘミング氏に伝える場面がある。

美術館に掛かる、作者を失った今でも美しい絵画が

聴衆をその場から離さないように永遠と、沈黙を語りかける。

そんな音楽がいつか生まれたらいいなと願っている。

音楽が沈黙を生む。

それは本物の沈黙だよと。

それが美だと思っている。

それを芸術と言っている。

s_IMG_5143

Kenji Ayabe