kenji ayabe

LETTER

耳にいれるもの

 

 

愛とは 蝶番のついた

ひとつのドアを引き合うこと

 

あなたが - もしくは次は私の番だったかも –

頬をあげて 迎えいれること

 

 

Kenji Ayabe