kenji ayabe

LETTER

幕が、あく

今に始まったわけでは、ない

32年太陽の日ざしに醸されて

”草原を走るカモシカになれ”

放牧した者は、長い間

ぼくに言い伝えることに怯えていた。

 

帯状の朝焼けを映す畔を

凍えきった窓辺から見た。

山の裾野を踏みしめた

足は、目は、耳は

そこを離れることが出来なかった。

 
幕が、あく
 
Kenji Ayabe