kenji ayabe

LETTER

作家の素朴な責任

 

【音楽】

 

眼鏡や服とならぶこと

モノとしての価値を再発見され

シーリングワックスのように

時を留める用品としての

そんなパッケージを求めていた

 

 

今日、曙橋で行なわれた展示会で

作家の彼らをのぞいていると、

形あるものの、質素な責任を

背負っているように見えた

 

 

【時間】

 

それをが私達にとって

静的な死という美か

動的な生という愛か

それを答えるために

私は音楽と共にありたい

 

 

灼けた砂が 丘を流れるような

数億年かけて 乾いた時間を

定義するための

私でありたい

 

 

Kenji Ayabe