kenji ayabe

LETTER

ホットドッグの一員

 

休憩所で腰掛けたのは、

安価な折りたたみ式のパイプ椅子だった。

一人暮らしに十分なサイズの冷蔵庫には

錆びた残り6脚が立てかけてある。

 

壁の時計 15:39 を眺めながら、

2年前に訪れたチューリッヒ駅で頬張った

並外れたホットドッグの一員に、

私が徐々に近づいていることが直感的に分かった。

 

私(ハニーマスタードたっぷり)の前を通り過ぎて行く、

白人の青い瞳に映っているのは、

彼ら本体の性生活以外には、

手記における空白の、某曜日と同じなのだから。

 

Kenji Ayabe