kenji ayabe

LETTER

カラダ しぼらない

6月

 

今朝、「足を組む癖を直そう」とした。

 

電車の席、新聞を片面開き、組み。

上手に焼けた卵焼きを食べ、組み。

 

ギュッと捻ったぞうきんが乾いて、

カチコチになった私。

 

さて、晴天の物干竿にかかる私。

目を閉じて、日向だけを愛せば。

 

ただ、うずうずしてる。足。

 

Kenji Ayabe