kenji ayabe

LETTER

夏の つまり

あっちゃ こっちゃ

暑よね。

 

黙ってテーブル肘をついて、

氷をがりがりかじってます。

鼓がぽんっとあおい空、

わたしの短パン捧げます。

蝉の洒落鳴きイヤなひと、

子供がわ〜っと泣くように、

扇風機にうるさ〜っといじけるの。

わたしはかまっちゃいませんの。

昨夜はニジマス戴いて

気分上々、おひつだおひつだ。

夏などかまっていたのなら、

いつまで、夜がこないっしょ。

あの人、帰ってこないっしょ。

 

Kenji Ayabe