kenji ayabe

LETTER

ち の い

 

あなたを 抱いたひとの 生涯は

外国に生まれた 聴衆を前にして

閑暇な往来に 石畳に降る日射しとなって翻る

 

針葉樹の腐葉土 影の下の 拵えた温もりで

灰を撒いた芝生 亡き上で 草が滴を湛える

 

名も無き 音楽家が それが私であったなら

一室の白壁に 静なる 美が掛かる

 

い の ち を呼んだら

再会のとき

 

Kenji Ayabe